スポンサードリンク

【戦争映画】オススメ映画を一挙に紹介!

どもトガアキ(ta3026)です

 

2017年も半分が終わり、時間の流れの速さを痛感しているところでございます。

 

というわけで早速行きましょう!オススメの戦争映画紹介していきます〜。

 

プライベート・ライアン

 

出典:www.amazon.co.jp

 

オスカー5部門に輝いた、スティーヴン・スピルバーグが監督をした「戦場」ドラマ!実話にインスパイアされた脚本を映画化したもの。

 

精鋭8人で挑むミッションは若い二等兵の救出。上層部から救出をするよう命じられたミラー大尉が7人の精鋭を連れて敵地に乗り込みライアンを救出に向かう。

 

危険な救出作戦に臨む兵士たちのドラマを刮目せよ!ノルマンディーでの特別作戦を描いた戦争ドラマです。

 

アメリカン・スナイパー

 

 

 アメリカン・スナイパーは戦争映画の中で一番好きな映画なんですが、最後のシーンは泣いてしまいますね。
クリントイーストウッド監督の作品。
 
 
 
イーストウッド監督の「ハドソン川の奇跡」も実話にもとずいた作品になっていますが、そのあたりの描き方はうまいんでしょうね。
 
 
 
 
米軍史上最多、160人を狙撃したひとりの優しい父親。観る者の心を撃ち抜く、衝撃の実話です。ノンフィクションというのが個人的により心に響いた映画ですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

プラトーン

 

 

 

この映画のすごいところは監督であるオリバー・ストーン自らの体験を元にベトナム戦争を描いた作品であるということです。

 

1967年、激戦のベトナムに若い志願兵クリスがやってきたところから物語はスタートする。少数民族や貧しい者たちからの徴兵に憤った彼は名門大学を中退してベトナム行きを志願したのだった。

 

いきなり最前線小隊『プラトーン』に配属された彼を待ちうけていたのは、想像を遥かに超えた過酷な戦争の現実だった。戦争の名のもとでの殺人、疑惑と憎悪、そして人間性の喪失との戦い……。

 

リアリティの凄まじさを体感してください。

 

 

ヒューリー

 

 

300人を5人で迎え撃つ最後には涙が止まらない。。。。

 

この映画は第二次世界大戦中の欧州戦線を描いた作品です。主演はブラッド・ピット。

 

戦車が主体の映画で、途中で描かれる戦車同士の一騎打ちは緊迫感溢れる見どころのシーン。戦闘経験の全くない新人ノーマンは戦車“フューリー”を駆るウォーダディ(ブラッド・ピット)のチームに配置されるが、戦争の過酷さを目の当たりにし、戸惑い恐れてしまう。

 

なんといっても最後の300人を相手に戦闘を挑む兵士たちに胸を打たれる作品です。

 

 
 

永遠のゼロ

 

 

 

300万部を売り上げた小説を映画化した作品

 

海外の映画だけ紹介していてもダメでしょ!ということでこちらの作品。

 

妻を残して特攻していく最後は感動のフィナーレ!

臆病者と言われた男の真実。

出典:https://www.amazon.co.jp

 

硫黄島からの手紙

 

2006年、硫黄島。地中から発見された数百通もの手紙。それは、61年前にこの島で戦った男たちが家族に宛てて書き残したものだった。届くことのなかった手紙に、彼らは何を託したのか--。(C) 2006 Warner Bros. Entertainment Inc. and Dreamworks LLC. All rights reserved.

 

主演:渡辺謙, 二宮和也, 伊原剛志

上映時間:2 時間, 20 分

 

第二次世界大戦中の硫黄島での戦いをアメリカ側の目線だけでなく日本側の目線を取り入れたことで日本人の方も多く見たことがある映画ではないでしょうか。

 

一方的な目線ではないので他の映画とは一味違った、戦争というものを捉える上で見ておくべき作品ではないでしょうか。

 

こちらの作品もクリント・イーストウッド監督の作品である。

 

出典:https://www.amazon.co.jp

 

 

ということで戦争映画のオススメ作品を一挙に紹介していきました!

 

一度見ておいて欲しい映画ですので映画好きの方は是非!!

 

オススメ!SF映画9選 最近ってCGとかもしゅごいよね

2017.08.01

サメの映画でパニッパニ!オススメサメ映画まとめ

2017.07.31

 

ほんならまた!

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す