お金の気持ちになって顔真似してみた

スポンサードリンク

どもトガアキです。

 

 

最近ね、ブログのノウハウだったり収益化のことばかり考えていたら書くのが好きで始めているブログが面白くなくなってるなーって思えてきたんですよ。

 

 

でもやっぱりね、プロブロガーのみやもさんも書いているように自分が救われるものとしてあることも重要だと思うんですよ。

本当の仕事は他人を救い、自分をも救われる行為のことだ

 

だからぼくがネタ記事を書くことによって誰かが画面越しに微笑んでいたり、記事を書いている時に自分何やってるんだろって笑っちゃう記事も書きたいなと。

 

 

 

 

ということで今回はネタ記事です。

 

 

お金の気持ちになってみた

 

1円と5円と10円と1000円の気持ちを表現していこうかなと思っておりますです(顔と文章で)。

 

1円の気持ち

1円はね〜めちゃくちゃコンビニとかスーパーに行った時などはめちゃくちゃ重宝するんですよね。ぼくなんかはコンビニやレジで◯◯6円とか◯◯3円とかになったら、6円分、1円分出したいわけですよ。みなさんもそうでしょうが。

 

でもそういうときしか活躍しないわけですよ。1万円とか1千円とかはもらうと嬉しい気持ちになるんですが、1円だと自動販売機の下に落ちたら拾わない人もいたりするでしょ?

 

だから結構1円は悲しんでいるんですよ。

こんな顔して。

 

5円の気持ち

この5円っていうのはなんかめちゃくちゃありがたいからご縁とかけて集めたりしてる人とかいるでしょ?

 

他にもお賽銭入れる時に1円は刺さらないから5円でいくか!ってことで1円が嫉妬しているわけですね。

 

だから以外と需要あったりするわけですよ。

だから余裕の表情ですね。

 

 

 

 

10円の気持ち

10円はね、汚れて黒くなってるやつあるでしょ?

だからお金界で一番汚れています。汚いです。

 

まさにこうゆう存在です。たまに赤のインクとかもついてたりするもんね〜

 

1000円の気持ち

 

1千円はもうねとてつもなく調子に乗っています。財布の中に5000円札と1万円札がない時なんて自分の土俵なわけ。

だからとてつもなく調子に乗っているわけですよ。

 

ぼくがno.1だって。井の中の蛙です。

 

まさにこいつのように調子に乗っています(6,7年前のぼくです)。

 

 

どうでしたか?お金の気持ちをみなさん考えたのは初めてじゃないですか?

 

人類史上初かもですね。。。。

 

 

とまぁ自己満足のネタ記事を書かせていただきました。

 

しょうもない?

 

ありがとうございます。

その他のネタ系記事→ハプニングバーに突撃した話

          山頂できのこの山を食べてみた

ほんならまた!!

 

スポンサードリンク

コメントを残す