【旅人必見】ビジネスホテルより民泊が圧倒的にオススメな理由

スポンサードリンク

どもトガアキ(ta3026)です。

 

 

5月にヒッチハイクで日本を回っていたわけなんですが、その時にぼくはビジネスホテルは一回も利用していません。

 

じゃあどこに泊まっていたのってことなんですけど、Airbnbというサービスを使ってシェアハウスやゲストハウスや民泊してました(ガソリンスタンドの裏で寝たこともありましたが)。

 

ヒッチハイク旅総集編

 

 

旅人にとってなぜ民泊がオススメなのか?

 

民泊で人との交流

この理由はに人と話す機会が必然的にやってくるからです。

 

 

旅に出る目的ってそれぞれあると思うんですが、人との関わりって好きな人多いと思うんですよ。その点で民泊は宿で人と話す機会が圧倒的に増えるのでマジでオススメです。

 

 

ぼくは京都に行った時にゲストハウスに泊まった時はぼく以外全員外国の方でした。英語でコミュニケーションを取りたい人や、話す練習をしたい時はいいんじゃないかと思いますよ。

 

 

ぼくは全く喋れなくて撃沈しましたが。

 

コストを抑えることができる

めちゃくちゃお金に余裕があって優雅に旅をしている人であれば別ですけど、ぼくみたいな貧乏旅人はコストをできるだけ抑えたかったわけです。

 

 

ビジネスホテルの場合はどんなに安くても3000円はかかったりすると思うんですけどぼくが旅中に泊まったところは全てそれ以下の値段で泊まれました。

 

 

 

一番安かったところは1500円以下で泊まれました。シャワーや洗濯機も付いていましたし、普通に過ごしやすかったです。

 

 

そりゃガソリンスタンドの裏よりましだろという声はスルーさせていただきます。

 

 

周辺の観光情報を教えてもらえる

これも結構助かりますよ。

 

ホストの方が周辺の観光情報を教えてくれるので地元民しか知らないことだったりも教えてもらえるので、自分でリサーチするのが苦手な人は人に聞くのが一番てっとり早いです。

 

 

民泊を使うデメリット

どうしてもデメリットをあげろと言われてあげるとしたら、安い宿を使おうとすれば必然的に同じ部屋で寝ることになります。

 

寝る時はゆっくり一人で寝たい人や神経質で周りの音が気になるという人もいるかもしれませんね。

 

でもAirbnbではシェアハウスだけじゃなく一人で使える宿もいっぱいあるので、そこは自分にあった部屋をリサーチして予約すればいいです。

 

ということでぼくはあまりデメリットは感じないと思いますね。

 

 

まとめ

 

1、旅人はAirbnbで安い宿をさがして節約すべし

 

2、旅人はシェアハウスを利用して交流すべし

 

3、GO、民泊

 

 

ということで皆さんも一回民泊してみたらいかがでしょうか?

 

 

ほんならまた!

 

スポンサードリンク

コメントを残す