鳥取に移住してみないか?鳥取県江府町に1日体験移住

スポンサードリンク

どもトガアキです。

 

朝から車を走らせてある場所に向かいました。

 

そうです。総人口3000人と少ないながらにサントリーの天然水の採水場所である鳥取県江府町に行ってきました。

 

鳥取県江府町とは?

江府町は米子市から南下していったところにある3000人の町内です。鳥取県と言えば最も人口が少ない県ですが、その中でも3000人ですから町内中顔見知りになるのも不可能じゃないかもしれないですよ。

 

奥大山の天然水の採水地で、とても豊かな自然に囲まれています。

 

なぜ江府町に行くことになったのかというとこういったツイートを見つけたからです。

 

こういった自然豊かなところで面白そうな人がいるのであれば行かないわけにはいきません。

 

即レスをしたら、なんと町長まで反応あり。

 

次の日に活動を見ることになったわけですよ。情報発信するってやっぱり大事ですよ。

 

江府町の地域おこし協力隊の活動に1日密着

 

朝9時に江府町につきまして、地域おこし協力隊の松本さんに密着しました。

 

まずは、ダイズ用の畑の溝掘。

 

 

トラクターである程度、溝を掘ったあとに手作業で溝をつなげるのをお手伝いしました。

 

トラクターで溝掘をされている時はぼくは見ているだけなので暇ですが、景色と作業を順番に見ていました。

いい汗かきましたね〜。

 

 

お昼は松本さんと江府町長の白石さんとご飯に行きました。昨日連絡して次の日に町長さんとご飯にいけることって普通ないですよね?

 

町長さんとの距離の近さには驚きました。これも松本さんの発信があったからこそなんですけど。議会とかがなければだいたい来てくださるとのこと。おもろいなぁ〜

 

ご飯のあと、また溝掘の作業をして温泉に行きました。車で30分くらい飛ばして温泉に行き体を癒す。温泉好きにはたまらないですな〜

 

 

 

戻って田んぼの水管理を一緒に回って、19時から精米作業。なんだかんだで20時に仕事が終わりました。ほとんどぼくは見ていただけですが。

 

おこめ! #鳥取 #山陰 #日野郡 #江府町 #精米 #お米 #地域おこし協力隊 #百姓草紙

松本良史さん(@bouzz0021)がシェアした投稿 –

 

 

 

1日の活動の段取りを自分で組んでやっておられるのでめちゃくちゃ働きやすい環境だなと思いましたよ。自由度が高い。チャレンジする環境としてはもってこいの町ですよ。

 

松本さんのお宅にお邪魔をして夜は松本さんの友人も来られて親睦会をしました。

 

お2人の話を聞いていたんですが、面白いことを考えていたり、されていたりするんですけど圧倒的に人が少ないと。若い力が。強い思いがあって、街を活性化したいと思っている方にはこれ以上の環境はないんじゃないかと思いますよ〜

 

町には使ってない施設がたくさんあってそういったものを利用してゲストハウス、カフェなどできることたくさんある気がします。

 

 

外観雰囲気ありすぎでしょ。おもろいが田舎にはたくさんありますね〜

 

自分の目でその地域のことを見るのって大事だと思うんですよ。足を運ぶからこそわかることがあるので。聞いた話と自分が体感したことでは後者のほうが圧倒的に価値があるのは明確。まず自分の足を動かすことですよ。

 

 

3人の話も盛り上がり、次の日は完全な二日酔いでした。二日酔いになったのはいつぶりでしょうか。それほど楽しい飲み会だったということでしょう。

 

 

今回の訪問を振り返って田舎こそ発信力が大事なんだと痛感しますね。こういった田舎こそ松本さんのような情報感度の高い個人がいることで活性化に拍車がかかると思っています。

 

 

今回もTwitterの呼びかけがなかったら僕は見に行ってないわけですからね。田舎者のみなさん、田舎こそ発信力つけていきましょう〜

 

 

最後に江府町の最高の景色でお別れしましょう。

 

 

 

ほんならまた!

 

スポンサードリンク

コメントを残す