20歳になる前に読んでほしいお酒のしくじり先生

スポンサードリンク

こんばんはトガアキ(ta3026)です。

 

昨日書きましたが必要のない呑み会は断るべきだという記事を書きましたが、今回は僕が大学生の時にお酒をたくさん飲んでいた時の失敗談を20歳になってお酒を呑みたいなと思っている人向けに書きます。

こちらも合わせて読んでみてください。→

その呑み会必要なの?必要のない無駄な呑み会は断わってしまえ!

 

記憶が飛んでしまった

 

まず人それぞれお酒の強さは異なります。日本人の体質として、飲めない人が多いこともわかっています。僕はそこまで弱くもないですが、強くもないです。

 

1次会、2次会までの記憶はあるのですが、3次会以降の記憶が全くなくどうやって家に帰ったのか覚えてないことがありました。

 

めちゃくちゃ怖いですよね、、、、、その間になにが起こったか記憶がないのですから。まぁその時は友達に聞いたらめちゃくちゃ酔っ払って普通に家に帰ったで〜と言われたので安心しましたが、道路とかで寝てたら大変でした。

 

自分以外の迷惑になる可能性もあったので記憶が飛ぶくらいまで呑まないようにしましょう。

 

知らない人に悪絡みをしてしまい終いには指を脱臼

 

先ほどはあまり人を巻き込んでいませんでしたが、今回からは人に迷惑をかけた僕の失敗談です。

いつものように友達と楽しくのんでいて、ついついお酒が進んで出来上がって外に出た時女の子の集団がいまして、普段シラフの時は、知らない人に絡むなんて滅多にないクソボケなすびうんちっちな僕なんですけど、声をかけたんですね。

 

「この後一緒に飲みませんか?」っていうふうに。

 

まぁ断られますよね。笑

 

その後も何回かトライしてもダメで去り際に暴言を吐く始末。

 

、、、、、クソ野郎ですね。これは完全に迷惑かけてますね〜ダメですねお酒を飲んでこんなことになる人は。

 

その後バチが当たったのか歩道で転んで親指の関節を脱臼しまして。友達に病院連れて行ってもらって。。。。また迷惑かけてますね。こういうふうにお酒で失敗しました。

 

寝ゲロオーマイゴット

これが最後のしくじりになるんですが、寝ゲロちゃんです。可愛く言っちゃいましたが全然可愛くないですね。最悪ですよ。

1回目は3次会が終わって、家に帰宅して、布団に入って寝ていたら吐き気がきまして僕の部屋は畳なんですけど最後に食べたせいろ蕎麦がこんもり畳に積み上がりました。最悪ですね。

 

2回目も笑笑でせいろ蕎麦を食べて家に帰って今度は朝起きて畳を見るとせいろ蕎麦が。。。あれ、誰か気を利かせてせいろ蕎麦用意してくれたのかな?

 

なわけないですね、知らない間に寝ゲロちゃんしてました。

 

3回目は友達の家で飲んだ後に寝ていたんですけど、目を覚ますと友達のソファーに寝ゲロちゃん。締めで食べたラーメンが、、、、

 

また迷惑かけてしまいました。。。友達は笑って許してくれましたが、普通ブチ切れですよね。友達じゃないとこでなら最悪です。

 

と書いてるうちにもうひとつありましたね、友達のおばちゃんの家に初めて行かせていただいた時に、テーブルの上で寝ゲロちゃん。初めて呼ばれたお宅でも寝ゲロちゃんしてましたわ。

 

記憶がやっぱりありません。友達が綺麗に掃除してくれたみたいです。本当そろそろ友達なくしそうですね。

 

まとめ

 

3つの失敗例をあげてしくじりを紹介してきましたが、どれもやばいですね。20歳になってお酒を飲みたい人は僕のこれらの失敗からお酒の怖さもあるんだぞということを覚えておいてください。

 

楽しかった飲み会の次の日が最悪の日になりますから。飲むのであれば、自分の限界を知って、人に迷惑をかけない程度に楽しんで飲んでください。

 

以上お酒に関するしくじり先生でした。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す